greek
ギリシャ神話

†オリュンポス神々の伝説†
・・・人間の誕生(プロメテウス−デウカリオン)・・・

ギリシャ神話において、人類の起源についての説は4つほどあげられる。1つ目はゼウスが、2つ目はプロメテウスが作ったと記されている。 一般に1番古い伝統的な考え方としては人類は自然に大地から生じた神々と同族ということになる。最後はヘシオドス説で人類の製作者はオリュンポスの神々ということになっている。

といわけで最後の説「人間5世代の話」の概要です。
クロノスが治めていた時代、オリュンポスの神々はまず始めに「黄金の種族」を作り上げた。この種族は苦労や苦しみを知らず、楽しい日々を送っていた。 食物は自然に大地に実り、年も取らず眠りながら死んでいく。そして精霊となり、地上で生きている人間を悪から守っていた。
ところがこの種族は大地が埋め隠して全滅してしまう。今度は前より劣った「白銀の種族」を作った。この種族は大人に成長するのに100年もかかった。 やっと成長してもすぐに死んでしまうのだ。そして互いに害しあうことを覚えてしまった。おまけに神々をおろそかにして崇拝もしなかった。 この頃、天上の政権はクロノスからゼウスに移っており、彼は少々の気温変化を作ったので人間は洞窟という住処を初めて所有した。 この時に「季節の女神」ホーライでも生まれたんでしょうか。
結局ゼウスはこの種族を滅ぼして、さらに第3の「青銅の種族」を作った。それらはとりねこの木から作られたため、恐ろしく強豪な種族だった。 この種族は血の気が多く、軍神アレスを崇拝し、青銅を使って武器を作り殺戮にふけった。そしてとうとう滅ぼしあって自滅する。
ゼウスは再び第4の種族を作った。それは英雄ヘロス(ヒーロー)たち半神と呼ばれる立派な種族だ。 この種族はいわゆる神話内で「英雄」とうたわれている人たちのことだが、これもまたテーバイ遠征やトロイア戦記のような戦争で滅んでしまう。
そして更に第5の「鉄の種族」を作った。これが我々現在の種族であり、正しいことをしても認められず、悪事をたたえる。そして相変わらず滅ぼしあう。 神々はそうした人間を見放し、次々と天界へ上がっていった。最後まで「純潔の女神」アストライアが残ったがとうとう天へ帰ってしまう。
以上がヘシオドスの説であり、アポロドロス説では「青銅の種族」をゼウスが洪水を起こして滅ぼしてしまうと書いてある。内容はノアの方舟と全く同じ。 これら種族と、プロメテウスが作ったといわれる人間の種族と、鉄の種族に属する人間の関係がどうもはっきりとはわからない。

ある時、人間と神々との間で祭儀の生贄をどのように分けるか問題になった。 そこでプロメテウスは大きな牛を屠り、神々に献ずる分と人間が受ける分に分けた。 その際プロメテウスゼウスの知恵を試そうとした。 肉の部分は胃袋に包み、骨は脂身で包んでいかにも美味そうに見せかけ、ゼウスの目の前に置いた。
「どちらでもお好きなほうを。」
やることが子供っぽいですねえ。まあ、もちろん美味そうな方を取りますな。 というわけでゼウスは脂身で包まれた骨を選び、案の定たいそう怒った。そらそうですわな。
ちなみにそれ以降、オリュンポスの神々には腿の骨を脂身で包んで焼いて献ずる習わしとなったらしい。
それはそうと、プロメテウスゼウスに対して強硬な態度に出れたのは、それなりの理由があった。 以前のティタンとの戦いの時、プロメテウスだけはゼウス達オリュンポスの勝利を見越して弟の エピメテウスと共に加勢した。その時にヘカトンケイル達を地獄の底から連れ出し、圧勝を得たのも彼の献策だと言われている。

そう、ゼウスの今日があるのは、プロメテウスの協力のおかげなのである。

そんなプロメテウスゼウスの反対を押し切って人間に火を与えた。 それまで人間は闇の中で野獣を恐れ、物を煮たり焼くことを知らず病気になっていた。それでもゼウスは死すべき人間に火を与えることを拒んだ。 火を覚えた人間が神々に悪影響を与えると見こんでいたからだ。
しかしプロメテウスはこれを黙って見過ごすことが出来なかった。ええ神さまですな。(´д⊂)
とうとう彼は、天上の火を盗み出すために大茴香(おおういきょう)の茎を持って太陽神の燃える車輪に燈心を押し付けて火を移し、隠し持って下界した。 この大茴香というのは、地中海の沼沢地に生える雑草で茎を乾かすと燃えやすいそうです。
それ以来、人間は火を得ることによりさまざまな知恵を付けていった。 ちなみに最初にプロメテウスの火に気がついたのはサテュロスである。 その親分シレヌスは踊りくるう火に思わずキスをし、ひげが焦げたという。
プロメテウスが人類にもたらした恩恵はこれに留まらず、建築や気候の観測、数学、文字、家畜、造船等を教え授けた。 ゼウスに見放されて全滅に瀕していた人類は、ようやく文明に目覚めたのだった。
しかしゼウスにとって、彼のこの態度はいっそう我慢のならないものになる。
「あなたに滅ぼされたティタン達のあだ討ちのために、ガイアは更に大きな巨人を生み出す。しかも神々はこの巨人たちを倒すことができないので オリュンポスに危機が迫り、そのときにあなたを助けるのは人間と神の合いの子である1人の英雄だ。それでもあなたは人間に火を渡したことを責めるおつもりか。」
これは後のギガンテスの戦いのことだが、プロメテウスはすでに予言しているのである。 おまけにプロメテウスゼウスの弱点を知っているときたものだから、下手に手を出すことができない。 しかしゼウスはついに決意を固め、「権力」クラトス「暴力」ビアに命じて プロメテウスをカウカソスの高山の峰にはりつけた。そして大鷲に彼の肝臓をついばませた。夜になると肝臓は元に戻るため 毎日耐えがたい苦痛が繰り返されるのであった。

一方ゼウスヘパイストスに粘土で美しい乙女を作らせた。 アテナが銀白の衣装を、アフロディテが雅と官能を、ヘルメスがずる賢い気質と恥知らずな心を与えた。 ゼウスはそれに心を宿らせ、この女を「すべての贈り物」パンドラと名づけた。これが人間女性の誕生である。 そしてヘルメスパンドラエピメテウスの元へ連れて行くように命令した。
エピメテウスはいつもプロメテウスに、ゼウスからの贈り物はろくなものではないから受け取るなと聞かされていたが、彼は後で考える人。 パンドラの美しさにひかれ家に招き入れてしまった。
パンドラゼウスからもらった甕を持っていた。しかし中身を見てはいけないと言う。見てはいけないと言われれば 見てしまうのが人間の性でありまして、好奇心に勝つことはできず彼女はとうとう甕の蓋を開けてしまった。
「だって、見ちゃいけないんだったら、どうして私に渡すのよ。それって見ていいってことと同じじゃない。」
パンドラが言い訳したのかどうかは知らないが、ゼウスとしては是非とも蓋を開けて欲しかったわけで あながち彼女の言い分もうそではない。
それはそうと、中の物が一斉に外に飛び出し、驚いたパンドラは急いで蓋を閉めたが、時すでに遅し。 中には悪意や欺瞞などの災いの元がしまわれていたのだが、それが世の中に飽満してしまった。蓋の中に残っていたのは希望というポジティブな性質だけだった。
しかしこの説には少々の疑問が残ります。なぜゼウスは災いの元の中にわざわざ希望を入れておいたのでしょう。人間に対する救いの手だったのでしょうか。
別の説によると、甕はゼウスが与えたものではなくプロメテウスが世にはびこらぬように 蓋をしてしまっていたものでした。しかし彼はこの甕が開けられる事態を把握してあらかじめ希望も一緒にしまっていたのでしょう。
とにかくパンドラはこの希望も外に出してくれたおかげで、人間は困難にぶつかっても決して希望をもって諦めないのである。
違う説ではこんなものもあります。パンドラが最後に蓋を閉め外に出さなかったものは「予知する力」である。 もしこの能力が人間に備わってしまえば、どんな災難が待ち受けているか知ることになる。すると未来というものはなくなり、破滅の道を歩むことになるのだ。 なぜって人間は希望がなくては前に進むことができないから。ちょっと哲学的ですね。

さて、ゼウスによって3万年のはりつけの刑を受けることになったプロメテウスは考え無しに ゼウスの怒りを買ったわけではない。彼はゼウスの将来についてある大きな秘密を握っていたのだ。
気になって仕方のないゼウスは、プロメテウスにいいかげん屈従するようにオケアノスヘルメスを遣いに出すが、一向に口を割る気配がない。
「もう知らん!知らんぞ!3万年はりつけの刑を受けているがいい!!」
しかし、年月が経つにつれゼウスも人間に対して寛容になり正義を持って統治するようになった。 それを見たプロメテウスゼウスとの和解に心が動きはじめる。
「あなたが人間に対し、正義を持ち続けてくれるならば、私はあなたの未来の危機を教えましょう。」
「おお、誓おう。して、未来の危機とはなんだ?」
「ネレイデスの1人でテティスというかわいい娘がいるのはご存知かな。」
「ハッ(゚Д゚)」
テティスから産まれる子供は父に優る運命を背負っている。彼女には手を出さない方がいいでしょう。」
「((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
「かつてあなたが父クロノスを落とし入れたように、今度はあなたが天上の位をおわれるでしょう。」
ゼウスが今、必死に落とそうとしている相手がまさにテティスであった。
「よ、良かった・・・まだ手を出していない。間に合ってよかった。」
ゼウスは素直にテティスから手を引き、プロメテウスを解放するよう ヘラクレスに命ずる。彼は「11つめの難事」西の園ヘスペリデスの黄金の果実を取りに行く最中で、スキュティアに寄り プロメテウスの肝臓をついばんでいる鷲を射て解放した。(ヘラクレスについてはここで。)
彼はゼウスと完全に和解し、天上の住居に戻って神々の相談役または預言者として尊敬された。
さて、テティスはどうなったかというと、ゼウスが人間のペレウスと結婚させたのだ。 ちなみにこの2人からあの英雄アキレウスが生まれるのですが、実はこの結婚にはいわくつきがありまして トロイア戦争の発端とも言われる大事件が起こります。詳しくはトロイア戦争の章で。

デウカリオンもまた人類の祖先と言われている。彼の父はプロメテウスだが、母親は不明。 クリュメネヘシオネプロノイアアシアーなんて説もある。 ともかくデウカリオンは、ギリシア人の先祖としてテッサリア地方を統治し、エピメテウスパンドラの娘ピュラを娶ったというのが通説である。つまりいとこ同士の結婚です。
彼らはいつも行いが良く、節度をもって国を治め、神々に対しての崇拝も怠らなかった。しかし人類はますます凶暴化していき、ゼウスの頭痛のタネと化した。 特に度を越えて暴力に権を振るっていたのは、アルカディア王リュカオンの息子たちである。彼自身も暴君だったという説もある。
アポロドロス曰くこの時代の人間は「青銅の種族」と言われ、ゼウスはとうとう人類を滅ぼすべく実力行使に踊り出た。 まず「北風」ボレアスを岩窟に閉じ込めて、「南風」ノトスを暴れさせ烈しい雨を降らせた。農作物はことごとく なぎ倒されて、ポセイドンもここぞとばかりに暴れだし全ての建物が海に沈んでしまった。ネレイデスたちは海の底で人間の町を見てびっくりしたらしい。 多くの人間が溺れ死んでいったが、なんとか逃れた者もいた。しかし今度は飢えに苦しみ、結局は同じ運命をたどらざるを得なかった。
しかしデウカリオンピュラだけは父プロメテウスからこのことを聞かされていたので、 1つの箱舟を造りそれに食料などを詰め込んだ。うーん、まさにノアの箱舟状態。いよいよ大洪水となると、2人はこの箱舟に乗り込み9日間波に任せて漂流した。 船は南へ押し流されパルナッソスに着いた。
アポロドロス説では彼らの他に数人が生き残ったらしいが、まあとにかくゼウスが許可した人間以外が滅びたのを見て 「北風」ボレアスに雲群を追い散らせた。トリトンが法螺貝を吹いて波を沖へ引かせた。

とりあえずデウカリオンは船から降りゼウステミスに感謝の祈りをささげた。 テミスはこのパルナッソスの南にあるデルポイに古くから信託の場所を持つ神である。 そして彼らは人類が滅亡したことを悲しんで、テミスに救いの道を求めた。すると女神は彼らにこう告げたのだ。
「頭を布で包み隠し、衣を解いておまえ達の大いなる母の骨を歩きながら後ろに投げるがいい。」

「なななんじゃソレは・・・(゚д゚)・・・。」

母の骨を投げるという恐ろしき事態に当惑しながら、2人は信託の意味を必死に考えた。そしてデウカリオンはある結論に達した。
「我々の大いなる母というのは大地だ。母の骨というのは、岩のことに間違いない。だから石を拾って後ろに投げろと言われるのだろう。」
まあ、間違えていても石を投げることくらいたいしたことではないので、とりあえずやってみようと2人は転がっている石を拾って肩越しに後ろに投げてみることにした。 するとその石はみるみるうちに大きくなり、血が通う人間になったのだ。デウカリオンの投げた石からは男、 ピュラの投げた石は女になった。こうして再び人類は増え広がっていった。・・・つまり私らは石から出来た人間なわけで・・・。 ちなみに人々のことをLaosと言うのは、石「Laas」からきているとか。

その後、デウカリオンピュラの間に数人の子供が出来た。 長男のヘレンはギリシア人の祖先と言われている。ギリシア人のことをヘレネスと言われる所以だが、実は祖先として作られた人物であるらしい。 だからヘレンゼウスの子供でデウカリオンの養子だなんて説もある。
またアテナイの初代王アンピクテュオンが産まれたとあるが、大地の子との説もある。
娘は「第一に生まれた女」プロトゲネイアが挙げられ、彼女とゼウスの間にアエトリオスが生まれた。 エンデュミオンやアイトロスなどの西部ギリシア王族の祖先にあたる。
ヘレンはニンフのオルセイスとの間にドロスクストスアイオロスの3人を儲けた。それぞれドリス族・イオニア族・アイオリス族の祖といわれている。
クストスはペロポンネソス半島を分配し、2人の息子であるイオンアカイオス によってイオニア族とアカイオイ族が生まれた。イオンの父親はアポロンとも言われているが、 母親は2人ともアッティカ王エレクテウスの娘クレウサである。 ドロスはペロポンネソス半島に対する地方を得て、ドリス人の祖となった。